公民館沿革

1.明新公民館 「沿革」・「移転」・「新公民館竣工」
明新公民館は平成19年4月に灯明寺町35-1-1へ移転(新築)した。
新田義貞公を奉った歴史ある地区にふさわしい風格と、現代的なイメージが融合したモダンクラシックな外観。
5つの研修室と、2つの和室、調理室、図書室を持ち、研修室はパーテーションを外すことで、ホールとしても使用できる構造。
《旧公民館について》
昭和50年4月29日、旧明新公民館が大ホールを除いて開館し、8年後の58年1月16日に大ホールが増築落成。
建物延べ面積535.83㎡、敷地面積975.93㎡
1階 事務室、和室、大ホール、湯沸し室
2階 会議室、図書室、調理室 という構造であった。
2.公民館運営審議委員所属団体・機関とその他の団体
明新小学校、明新地区自治会連合会、新田塚自治会連合会、二の宮自治会連合会、灯明寺連合自治会、舟橋新自治会連合会、家庭教育代表、新田塚婦人代表、二の宮婦人代表、灯明寺婦人代表、明新小学校PTA、交通安全推進協議会、社会福祉協議会、こども会育成連合会、壮年連絡協議会、防犯隊明新支隊、体育協会、老人クラブ連合会、市議会議員、すいせん児童館、

(その他の団体)青少年市民会議明新支部 九頭竜民生児童委員協議会 映像文化委員会、ボーイスカウト福井22団、さわやか文庫、めいしん文庫、明新公民館ホームページサークル、自主クラブ連絡協議会、夢・創造事業委員会

3.公民館の具体的活動方針及び関係事業
活動方針
(1)生涯学習の推進
1.家庭や地域の教育力を高める教育事業を推進する
2.少年教育と青年教育を推進する
3.IT教育など現代的課題を取り入れた活動を推進する
4.学び合う自治の時代を迎え、地域住民の学習活動を支援する
(2)公民館の移転新築を推進する
1.公民館建設準備委員会の設立
2.公民館建設委員会の設立
重点方策
(1)公民館における学級、講座の充実
(2)IT事業の推進と公民館ホームページの活用を図る
(3)社会教育関係団体の自立活動への支援と総合連携による活動の推進
(4)職員の連携体制を整え住民の要望にスピーディな対応を図る
(5)自主グループの活動を支援し安全で有効な公民館利用を図る
(6)公民館移転新築について積極的に推進する
4.公民館移転新築建設事業概要
 (1)事業年度 平成17~18年度
(2)敷地面積 1,617㎡(← 976㎡)
(3)延べ床面積 750㎡(← 536㎡)
5.公民館ホームページ
平成15年にIT事業の一環としてホームページ作成講習会を開催しその受講生の中から数名の方を中心にボランティアサークルを作り、学習かたがたホームページの更新作業に従事した。
平成17年6月、令和3年7月リニューアル

Posted by kouminkan